お問い合わせ&無料相談 予約ダイヤル

TEL: 098-859-3587

FAX: 098-859-3587     

営業時間

10:00 ~ 20:00

 (水曜日を除く)

子育てを楽にする『ファミリーTAW』 - サンプルページ

子育て教材サンプル
第3章 マニュアル通りにいかない理由

 実際に子どもを産む前に、あなたは子育てにどんなイメージを持っていたでしょうか。他の子ども達をかわいいと思いましたか? 独身の頃、わがままで泣いている子どもを見て「私ならちゃんと育てられる、しつけられる」と思いましたか? 


 子育ては実際にやってみないとわかりません。ちゃんとできると思っていた子育てが、ちっともうまくいかなかったり。結婚前は保育士をしていた人でさえ、自分の子どもを育てるとなると、なかなかうまくいかないことがあります。逆に、かわいくないと思っていた子どもが、自分の子となるとかわいかったり。この差はなんでしょうか?

 二十四時間、約二十年もの長きにわたって向き合わなくてはいけない我が子は、親の自由を奪います。それは寝ている間にも及びますから、生理的にも影響が出ます。なんといっても、子どもは絶対的に母親を求めます。それだけ密接ですから、かわいいし、反面怒りも生じます。これは、無償の愛の裏側にあるものです。愛を大きく感じるならば、その分、怒りも大きく感じるというわけです。つまり、あなたの手に負えない我が子を、他人がうまく扱ったとしても、あなたより優れているわけではありません。あなたよりその子に対する愛が薄いので、冷静に見ることができるからなのです。

 また、もう一つ理由があります。私達の感情は、私達の心の深いところにある「信じ込み」というものに左右されています。この信じ込みというものは、私達が幼い頃に覚えた生き方なのですが、その中にはイヤイヤ覚えたものもあります。もし自分の子どもが同じ状況で取ったやり方が、自分が子どもの頃に覚えたやり方と違っているときに感情が強く出るのです。たとえば、母親が子どもの頃、だっこをすぐにあきらめて育ったとしたら、子どもがだっこだっこと、駄々をこねて泣き続けると、母親は異常に腹立たしく感じます。

「私は我慢したのに、どうしてあなたは我慢できないの?!」
「私だってこんなにやさしくはしてもらえなかった。どうして私が子どもにこれ以上我慢しなくてはいけないの?!」